雑駁記——藤沢図案制作所——

ざっぱく【雑駁】(名・形動) 雑然としていて、まとまりのないさま。「_な知識」「文明の_なるを知らず、其動くを知らず」〈文明論之概略諭吉〉

九鬼周造 「『いき』の構造」

f:id:fujisawa-zuan:20181001000430j:plain

 

常に「いき」な大人でいようと思いはしても、なかなか敷居は高いものだ。

せめて不粋ではいたくない/野暮な人にはなりたくない、くらいは意識して過ごしていきたいとは思う。それとてかなり難しいことではあるけれど。

さて、この「いき=粋」だの「不粋」だの「野暮」だのという言葉、正確にはどういう意なのだろう。あらためてそんな疑問が浮かんだおりに出会ったのが本書である。

青空文庫でも読むことができる、おそらく古典と呼んでさしつかえないだろう。

 

著者の九鬼周造は哲学者であり、この本も哲学書である。だからというわけではないけれど「いき=粋ってこういうことなんだ!」なんて明快にわかる、という読後感は持てない。

文章も決して平易ではない。

例えば、「”上品/下品”は、人性的一般性に基づく、対自性の区別である」などと言われてもなんだかわからない(ここだけ抜粋してもわからなくて当然ではあるけれど)。

 

個人的に興味深かったのは、まず三章の「『いき』の外延的構造」。

「いき」となんらかの関係を持つ言葉をあげて、それらを関連づけて最終的に図に表現している。

「そこまで上手いこと割り切れるものかなあ」という懐疑心もなくはないけど、少なくともデザインをする上での指標の一つにはなりうると思う。

 

また、五章の「『いき』の芸術的表現」においては、文様(特に縞模様)や色彩についての、つまりはグラフィックデザインについての原則的・実践的な示唆と読むこともでき、前述した三章と合わせ、今でも通用するクリエイティブにおけるルールを見つけることができる。

ここは図版があればもっと解りやすかっただろうに、なんてことも思うけれど。

 

図版が無いということは、この本を読む以前にさまざまな「いき」な文物などを見聞きしていて、それらから「お、粋だねえ」という感覚を覚えたことのない人には、本書で説かれていることはちんぷんかんぷんかもしれないということも言えるだろう。

事実、長唄などの日本の音楽に見られる(この場合は聴かれる、か)粋についてのくだりはそうした曲を聴いたことのない僕にはさっぱりわからなかった。

 

とは言え、「日本人がなんとなく了解していながら、ついに誰一人として説明を省いてきたこと(「松岡正剛の千夜一冊」より引用)」を定義しようとする姿勢くらいは理解できるし、わからないなりに通読すれば、それまでなんとなく使っていた「いき=粋」という言葉の解像度が何段階か上がる感覚は持つことができると思う。

そんな風にして、自分の中の「いき=粋」の概念をバージョンアップすることで、あらためて「いき」な大人でいること、不粋や野暮でいないことの難しさもいまいちど感じてしまう。

結局は本書を物差しのひとつとしつつ、これからも経験を重ねて、自分なりの「いき」の構造を構築していくほかないのかもしれない。

 

つまるところ、「野暮は揉まれて粋となる」

旨いこと言ったものですね。